中国“尖閣”に350億円提示?! “地権者”実弟が激白?!




東京都の石原慎太郎知事(79)が「都が日本の領土を守る」

として、沖縄・尖閣諸島の購入交渉を進めていることを

明らかにしたことで、国内外でさまざまな反応が出ている。

こうしたなか、同諸島の魚釣島、北小島、南小島を個人所有する

地権者の実弟、栗原弘行氏(65)が、石原氏への思いや、

350億円を提示した中国関係者の存在、

日本政府への不信感などを一気に語ったそうだ。




画像





一瞬唐突にも思えた石原氏のワシントン発言だが、

日本人の国家意識・領土意識を、これだけ明確に

世界に向けて発信した人物は少ない。

中国には右翼の政治家扱いされている。


(栗原氏談)「最大で350億円っていってました。

過大評価してる部分があるのは、(地下資源の)

埋蔵量が300兆円って数字が出ちゃっているからですね」



石原氏はワシントンでの会見で「購入価格はそんなに

高くならない」と語った。

関係者は「10~15億円になる見込み」と明かす。

また、東京都の猪瀬直樹副知事は「全国から寄付が

集まると思う」と語ったと言う事だ。




画像




10年後には石原都知事90歳、地権者80歳になってしまう。

今のうちに国、地方自治へ所有者移転し、国を守ること。

そのために山東昭子さん(自民党議員)を介して

石原都知事との話し合いを求めたそうです。

中国漁船衝突事件が大きなきっかけになったらしい。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック