くろちゃんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 志賀原発の真下に活断層濃厚?!・・・廃炉の可能性も <保安院>

<<   作成日時 : 2012/07/18 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




経済産業省原子力安全・保安院は17日、専門家会合を開き、

北陸電力志賀原発1号機(石川県)の直下を走る断層について、

専門家から12万〜13万年前以降に動いた活断層の可能性が

濃厚との指摘が相次いでいる。




画像





また、関西電力大飯原発(福井県)の敷地内を走る軟弱な断層

「破砕帯」の現地調査を求める声も続出した。

再調査が避けられない状況となり、保安院は「意見は重い」として、

両原発の追加調査を月内にも決める方針である。




画像





問題となったのは志賀1号機の原子炉建屋直下を通る

「S−1」と呼ばれる断層。

国の耐震設計審査指針は12万〜13万年前以降に動いた

活断層の真上に原発を造ることを許していないため、

活断層の場合は立地不適格となり、廃炉を迫られる可能性もある。





保安院は両原発について近く、活断層か否かの判断基準や、

追加調査の内容を決める。

ただし、断層の活動性の最終的な判断は9月に発足する

原子力規制委員会が行う予定である。






DMMソーラー



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
志賀原発の真下に活断層濃厚?!・・・廃炉の可能性も <保安院> くろちゃんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる