桐光学園の松井投手、二つの奪三振記録達成!! <高校野球>




第94回全国高校野球選手権が開催。



2日目、桐光学園の松井裕樹投手は9日の今治西戦で、

22三振を奪い、1試合最多奪三振の新記録を作りました。


従来の記録は、87回大会の辻内崇伸投手(大阪桐蔭)ほか

5人がマークした19個でした。

選抜大会では、1963年の35回大会で戸田善紀投手(PL学園)が

首里戦で奪った21三振が最多記録で、松井投手はこれも上回った。


22奪三振とは1試合9回で27アウト獲る訳ですから、

22個を除くと残り5個がゴロかフライアウトという事なのです。

殆どの選手が守備位置を往復するだけで、守備機会がないのです。

もうこの記録は破られないのではないでしょうか?!




画像





もうひとつ、この試合で松井投手が6回から9回にかけて奪った

10連続奪三振も新記録です。

従来は82回大会の坂元弥太郎投手(浦和学院)らの

8連続が最高でした。


最速145キロの伸びのある直球と左打者の外へ逃げるスライダー、

大きく曲がるカーブをテンポ良く投じ六回無死一塁まで無安打。


22個中16個が空振りの三振で、今治西の末広選手は

「高めから低めに落ちるので振ってしまう」。

5番の中内選手も「(直球と変化球で)フォームが全く変わらない」

とお手上げだった。


まだ2年生。 素直に伸びて欲しい。
 





スマホ用


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック