新型固体燃料ロケット、来夏打ち上げ?! <JAXA>



宇宙航空研究開発機構(JAXA)は29日、

新型固体燃料ロケット「イプシロン」の1号機を、

来年夏にも内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から

打ち上げると発表した。

1号機には小型科学衛星が搭載され、

地球周回軌道から金星や火星などの観測を行う予定。




画像





イプシロンは06年9月に廃止された

固体燃料ロケット「M5」の後継機。

M5と国産主力ロケット「H2A」の技術を転用し、

1号機の打ち上げコストはM5の約75億円より

低コストの約53億円。

最終的には30億円以下を目指す。


 
地上の管制システムを刷新して運用に必要な人員を削減。

搭載した人工知能がロケットの点検を行うことで、

作業を簡素化する。

これによって、打ち上げに要する期間はM5の42日から

7日へと大幅に短縮される。






黒川温泉のご予約はコチラからどうぞ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック