H2Aロケット・・ 27日情報収集衛星打ち上げ  <種子島>




政府の情報収集衛星「レーダー4号機」が27日、

鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから

H2Aロケット22号機で打ち上げられました。


 
衛星が目的の軌道に投入後、計画通りに機能すれば、

当初計画から10年目にして、光学、レーダーの各衛星を

2基以上、同時に運用する体制が整い、

地上のあらゆる地点を1日1回監視できるようになる。




画像




 
事実上の偵察衛星である情報収集衛星のうち、

今回打ち上げられたレーダー衛星は、夜間や悪天候でも

電波で地上にある約1メートルの大きさのものを

識別できる性能があるとされている。

昼間の晴天時しか地上を撮影できないが、

地上にある60センチ~1メートルのものを識別できる

光学衛星と組み合わせて運用される。


 
情報収集衛星は、1998年の北朝鮮のテポドン・ミサイル

発射がきっかけで導入が決まった。

現在は光学衛星が3基、レーダー衛星が1基が運用中だ。



打ち上げに失敗していた頃は報道も「打ち上げ成功!」と

騒いでいた様であるが、最近は成功が当たり前になったのか

騒がなくなった。

記事も片隅にひっそりと載っている程度だ。

技術の向上が成功して当たり前となってニュースには

ならないのだろうか?! 









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック