柔道・内柴被告に懲役5年の判決?!  <東京地裁>



酒に酔って寝ていた教え子の女子柔道部員に乱暴したとして、

準強姦(ごうかん)罪に問われたアテネ、北京五輪の

柔道金メダリスト・内柴正人被告(34)に対し、

東京地裁は1日、求刑通り懲役5年の判決を言い渡しました。


 
内柴被告は「合意の上だった」と無罪を主張したが、

鬼沢友直裁判長は「被告の供述は全く信用できない。

日本の柔道界を指導していくことが期待されながら、

教え子の心と名誉を深く深く傷つけた責任は極めて重い」と

厳しく指摘。




画像




 
判決によると、九州看護福祉大(熊本県)の女子柔道部

コーチだった内柴被告は、2011年9月20日未明、

合宿先の都内のホテルで酒に酔って寝ていた

当時18歳の女子部員に乱暴した。


 
公判で内柴被告は「女子部員は起きており、乱暴ではない」と

犯意を否定したが、鬼沢裁判長は「被害者が酔いつぶれて

いたのは明らか」と指摘。

被告の「部員の方から性的な行為をしてきた」との

法廷供述について、「明らかなウソだ」と批判した。



弁護団は「判決は、到底信用できない被害者とされる

女性の供述を安易、無批判に受け入れた極めて情緒的な判決

であると共に、検察に立証責任があることを無視した

不当な判決だ」として、即日控訴することを明らかにしました。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック