くろちゃんの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS DHAがアルツハイマー抑制効果?! <京大iPS研究所>

<<   作成日時 : 2013/02/22 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




認知症の中で最も多いアルツハイマー病患者から作製した

iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、

青魚などに多く含まれる「ドコサヘキサエン酸(DHA)」が

同病の発症予防に役立つ可能性があることを確認したと、

京都大iPS細胞研究所の井上治久准教授らのチームが発表した。




画像





アルツハイマー病患者の脳内では、Aβ(アミロイドベータ)と

呼ばれるたんぱく質の「ゴミ」が過剰に蓄積することで、

「細胞内ストレス」という有害な現象が起きて神経細胞が死滅し、

記憶障害などを引き起こすことが知られている。




画像





研究チームは、50代〜70代の男女の患者計4人の皮膚から

iPS細胞を作製。

それを神経細胞に変化させ、Aβが細胞内外に過剰に蓄積した

病態を再現した。




画像




 
このうち、細胞内にAβが蓄積した2人の細胞に低濃度のDHAを

投与した場合と、投与しなかった場合とで、

2週間後に死滅した細胞の割合をそれぞれ比較。

その結果、DHA投与の場合、細胞死の割合は15%で、

投与しなかった場合は2倍以上の32%だった。



予防のためにも「DHA」は摂取しておくべきですね。

発症が1/2以下になるならば絶対サプリで飲んでおきたいです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DHAがアルツハイマー抑制効果?! <京大iPS研究所> くろちゃんの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる