南鳥島沖のレアアースは高濃度なのか?



南鳥島沖の海底には、去年、大量のレアアースが存在する

ことが明らかになりましたが、その濃度は、

元素によっては中国の鉱山の30倍余りに上っていることが、

現地調査の結果、分かりました。




画像





水深5000メートルを超える海底から泥が採取され、

分析の結果、レアアースは6000PPMという高い濃度で

含まれていることが確認されました。



濃度の高い場所では、レアアースの中でも特に重要とされ、

ハイブリッド車の製造などに欠かせない「ジスプロシウム」が、

中国南部の鉱山のおよそ20倍の濃度で含まれていたと

いうことです。


また、この泥の中には、LED照明などに利用される

「ユウロピウム」が35倍、IT機器に必要な「テルビウム」も

16倍の濃度で含まれていたということです。




画像





経済産業省などは今後、引き上げ技術の開発や、

採算がとれるかといった課題について、

検討を進めることにしています。



シェールガスといいレアアースといい大量の埋蔵量だそうだ。

日本は資源大国と言えるかも知れない。

問題は深海からの採取が採算に合うかと言う事なのだが・・

技術大国の日本なので早く開発して欲しいものである。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック