福島原発・港内の魚・・・セシウム規制値の5100倍?!

東京電力は28日、福島第一原発の港湾内で2月17日に捕獲した

アイナメから、1キロあたり51万ベクレルの放射性セシウムを

検出したと発表しました。




画像



画像




 
国の規制値(100ベクレル)の5100倍に相当し、原発事故後、

魚介類で最も高い値。

これまでの最高値は、昨年12月20日に同じ港湾内でとれた

ムラソイの25万4000ベクレルだった。




画像

                               ムラソイ


 
東電は、港湾の外に魚が流出しないよう海中に網を設置したり、

湾内の魚を捕獲したりする作業を進めているとの事である。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック